前へ
次へ

不動産の売買をするときには

不動産売買で仲介業者に不動産の購入の媒介を依頼した時には仲介業者は飼い主に対して売買契約を締結するまでに取引に関する重要な事項を書いた書類というのを宅地建物取引主任者から交付してその内容を説明するということが義務になっています。
不動産というのは良し悪しの判断をしたり、或はどんなものであるのか、といったことに関して判断をするのが難しいということになりますので売主に関してしっかりと自分で調べないといけないということもあったりして本当に大変なことではあるのですが、それでも基本的には人生において不動産売買というのは何度か行われることになるでしょうからどのようなことを注意しなければならないのかということは理解しておきましょう。
仲介業者が説明しなければならない重要事項は取引物件に関する事項と取引条件に関する事項の二つになります。
それぞれとても大事になりますから、きちんと話を聞いて理解できないのであれば必ず質問をしましょう。

Page Top